看護師が託児所付きの求人を探す前に読むサイト

MENU

ママさん看護師の託児所付きの求人選び

看護師の人手不足の問題が、日本全国的に深刻になってきているといわれています。ある所の調査によると、日本全国で実に7割の医療機関で慢性的な看護師不足にあえいでいるというデータも出ています。看護師不足ということは、現場の看護師にかかる負担も大きくなります。その結果、看護師の離職を招くという悪循環に陥る危険性もあるわけです。

 

看護師の人手不足の理由として大きいのは、ママさんナースの存在です。看護師は女性中心の職場で、子どもができるとなかなか仕事が続けられないという人が増えます。仕事をしたくても、子どもを預けられる場所がなくて、ずるずると専業主婦になってしまうケースは多いです。そこでこのようなママさん看護師をいかに仕事復帰させるかが、今後の医療の課題の一つといえます。

 

その一環として、大規模病院を中心として施設内に院内託児所を設置するケースも出てきています。院内託児所に子供を預けて、仕事に専念してもらえれば、ママさんナースの仕事復帰も促進できるわけです。

 

託児所の見学をしておこう!

病院の院内託児所といっても、いろいろなものがあります。保育園並みの陣容を誇る所もあれば、子どもをただ単に預かる程度の設備しか持っていない所もあります。ですから院内託児所といっても、安易に飛びつくべきではありません。子供を安心して預けることのできる院内託児所かどうかを、事前にチェックすることが大事です。

 

そのためには、転職する前に院内託児所の見学を病院に申し出ることです。そして見学をする時に託児所の様子をただ単に見るのではなく、保育スタッフとじかに話をすることです。そうすれば、保育スタッフが、どの程度子供の保育に対して理解があるか見えてきます。

 

その他にも、職員がどのようなポリシーや計画で子供を預かっているのかなども確認できます。看護師のシフトは、長時間にわたります。その長時間、皆さんに変わって子供の面倒を見てもらうわけですから安心して任せられるような託児所でないといけません。でないと、仕事も手につかなくなってしまいます。

 

最近は、保育園 看護師求人や託児所の看護師求人もよく見るようになり、保育施設への看護師配置が進んでいます。安心して子供を預けることができますね。

 

24時間対応の託児所なら看護師でも安心?

病院の中には、24時間託児所がついている所も結構多いです。朝晩関係なく子供の面倒を見てくれるので、夜勤も安心して仕事ができると思っている人もいるでしょう。しかし24時間託児所がついているからといって、夜勤のシフトを継続して入れられるかというと話は別です。

 

夜勤が終わった時、身も心もクタクタにはなりませんか?しかし仕事が終われば、子どもを託児所に引き取りにいかないといけません。そして自宅に帰れば、子供の面倒を見る必要があります。こうなると、なかなか自分が休息する時間を確保できなくなってしまいます。

 

ですから24時間託児所がある病院だから夜勤で働けると安易に結びつけないことです。自分の体調管理ができるのかどうか、しっかりと自問自答して、仕事のスケジュールを考えていくべきです。また病院の中には、夜勤明けまで預かってくれる24時間託児所もあります。これなら夜勤明けに十分に休息がとれるので、仕事もしやすいのではありませんか?